ここは、評判のなぜなに解説コーナー!

普段かんがえもしないようなことを、別の視点から捉えて、深く思考する。 そこに新たなフロンティアが生まれるのです。

光触媒塗料のチカラ

さて、今回の対象は『光触媒塗料』です。一概に光触媒っていうけど、なんなの?

その疑問におこたえ出来れば幸甚です!

外装用光触媒塗料の効果として「セルフクリーニング」があります。 雨などの流れによって、それ自身についた汚れが洗い流されるということです。 壁面の二酸化チタンを含む塗膜が紫外線で光励起され、水が水酸基の形で表面で親水性を持つことによります。 雨が汚れと塗膜の間に入り込み、汚れを浮かせて洗い流します。 大方の光触媒の親水性によるセルフクリーニング効果の汚れ防止効果が強調され説明されています。

親水性の限界1

排気ガス等浮遊粒子状物質は雨水では全て流せない

親水性の限界2

雨が当たらない、水が流れないところのヨゴレは残ったままです!

壁面の状態って?

外装剤の壁面は目に見えない細かい単位で見ると凹凸が激しく、廃棄口下や煤煙汚れ等の浮遊粒子状物質を雨で洗い流す事には限界があります。

外壁塗装面は雨の当たる場所ばかりではありません。 雨が当らなければ、親水性も機能しませんし、雨水が当たらない箇所にヨゴレは蓄積していくのです。

触媒のチカラ

そこで登場するのが触媒の力。【二酸化チタン】TiO2には有機物を分解する力がありますが、紫外線に曝される外部汚れを除去するためには弱点があります↓

二酸化チタンは強い酸化力で汚れを分解します。 大量に付着の汚れはいくら二酸化チタンといえども分解除去はできませんが、少量の付着時点でその都度汚れを分解させてしまえば、除去不能になるまで汚れが溜まらないとも言えます。そしてこの効果の能力は、二酸化チタンの絶対量に比例します。 しかし、二酸化チタンは多ければ多いほど塗料や時には基材そのものを酸化力で破壊してしまいます。 二酸化チタンの分解力で 塗膜はボロボロになってしまいます。

親水性効果が発揮されない部分も分解で汚れを除去します。

updated: 2013/10/08